バレーボール上達法 > スパイク > 3歩助走の意味
バレーボールのメールマガジン『バレー・バレー・バレー!』
バレーボールにこだわった情報源です。バレーボールの基本から戦術、上達法の情報をお届けします。
(マガジンID:0000183032)まぐまぐより発行しています。
メールアドレス:
Powered by

3歩助走の意味

無意識に3歩助走ができるようになり、
3歩助走のやり方を意味を考えながら、習得しましょう。


助走では、かかとから入りましょう。

2歩目と3歩目の右足の歩幅は、大きくとりましょう。
助走は、地面にすらないように、足を地面から、あまり
上げないようにしましょう。


助走で上下動が大きいと助走の力が少なくなります。

3歩目の左足は、助走してきた方向からほぼ直角に向けて
踏み込みます。


左足の親指とつちふまずの間の盛り上がっている部分から
踏み込む感じです。


3歩目の左足をほぼ直角にして、助走で走ってきた力を
ジャンプする力に変換します。


3歩目は、左右の足で「ハの字」をつくります。
この「ハの字」は、トスがぶれた時に、どこへでも
飛んでいける形です。


この「ハの字」も大きい方がいいです。
助走に力がないと、「ハの字」は、大きくなりません。
脚力も必要です。


最初は、ボールなしで、空ジャンプをして確認しましょう。
ボールなしでできないと、ボールありの時、無茶苦茶に
なりますよ。

しっかり練習しましょう!

カテゴリ
バレーとは(7)
基本(7)
パス(7)
レシーブ(1)
スパイク(8)
ブロック(1)
サーブ(2)
メルマガ(2)
サイト(2)
リンク(13)
バレーボールのメールマガジン『バレー・バレー・バレー!』
バレーボールにこだわった情報源です。バレーボールの基本から戦術、上達法の情報をお届けします。
(マガジンID:0000183032)まぐまぐより発行しています。
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.